全文手書きから財産目録はパソコン作成に

遺言書の種類の一つに「自筆証書遺言」があります。2018年7月の民法改正により、この作成の方式が一部緩和されます。2019年1月13日以降に作成する自筆証書遺言に適用されます。

改正前の自筆証書遺言は文字通り全文自書(自分で手書き)する必要がありました。自筆証書遺言は費用をかけずに手軽に作成できる遺言なのですが、全文自書は大変手間がかかります。遺言書を書く当人が高齢だったり、財産が多数あったりする場合はなおさらです。

今回の改正では手書きによる負担を軽減するために、遺言書のうち財産目録の部分をパソコンで作成できるようになります。また、不動産の登記事項証明書のコピーや預金通帳のコピーなどを添付して財産目録に替えることもできるようになります。ただし偽造やなりすましを防止するため、財産目録や通帳のコピーには1枚毎に自筆の署名・押印が必要となります。

自筆証書遺言については保管についても改正されます。これまでは自宅に保管するケースが多く、紛失や相続人による改ざんなどのおそれがありました。これが2020年7月10日に法務局で保管する制度が創設されるとのことです。詳細についてはまだ未定です。